ドイツ・ベルリンで知っておきたいこと5選

Berlin たび

ドイツはベルリンに来ています。

今回はここベルリンに2週間の滞在予定なんですが、1週間があっと言う間に過ぎてしまい、もうすでに「まだ帰りたくなーい」モードです。

せっかくベルリンに来たので滞在中気になったことをまとめておこうと思います。

ベルリンって都会やん!

実はドイツに来るのはこれで2度目。以前来た時にはHanover(ハノーファー)エリアを中心に、そこから北のBremen(ブレーメン)や南西のHamelin(ハーメルン)といったメルヘン街道沿いの街を訪れてました。

メルヘン街道沿いは、家もまばらで、緑も多く、丘が多いイメージで、その中を車でバーっと駆け抜けてた記憶も濃くあったため、ドイツは「雄大な土地」的なイメージがありました。

が、さすがベルリンはドイツ最大の都市とあって、目に飛び込んでくる情報量が多い!

ベルリンに来て、だいぶドイツのイメージが変わった気がします。

ただ、都会ではあっても、街全体はせかせかした風でもなく、のんびりとした開けた感じがあっていいなぁと思います。

ベルリンでびっくりしたこと

今回はあまり観光がメインじゃなく、どちらかというとベルリンでの生活を2週間体験してみるという感じなのですが、なかなかにベルリンカルチャーを感じてます!

1. 電車もバスもトラムも一気乗りOK!

Berlin-train

まず一番に驚いたのが、交通システム。

ベルリン内なら大抵のところは€2.80(約350円)で行けてしまうんですが、電車もバスもトラムも2時間以内なら1枚のチケットで利用できちゃうっていうんです!!

今回、私はベルリンの北、テーゲル空港(TXL)から中心部まで出てきたのですが、1枚チケットを購入(券売機があるのでカードでも買えて便利!)するだけで、バスと電車に乗って40分ほどの道のりを簡単に移動できてしまいました。

・・ただし、市内のちょっとした移動でもチケットは€2.80〜になるので、少しの移動だと割高な感じ。1日券や回数券もあるらしいので、賢く乗りこなしたいですね!

チケットは打刻を忘れずに!!

公共交通機関の利用に関して注意なのは、チケットをただ買うだけではダメっていうところ。

上記の通り、チケットは2時間有効となるのですが、チケットを買ってから、機械で使用開始時間を打刻しないといけないんだそう。

もし、この打刻がないと、チケットを有効化できていないことになるらしく、うっかり私服コントローラーの抜き打ちチェックで見つかると罰金€60(約7,800円)支払うハメになるそうで・・。かなり恐ろしいシステムですね。。

2. 日曜は完璧オフ

アイルランドをはじめ、その他ヨーロッパの国でも、今まで行ったところはほぼほぼ日曜も通常営業な感じでしたが、ベルリンではスーパーは閉まってしまうところが多いそう。

ドイツのスーパーといえばLidlやALDIなどありますが、アイルランドにもあって、そちらは日曜日でも平気でオープンしてたんで、余計にびっくりしました。

カフェなんかはやってるみたいなので、日曜はカフェでのんびり過ごすなんていうのもおしゃれでまたいいですね♪

3. パンが異常に美味しい!

ドイツのパン

これは、以前ドイツに来た時にはもう気づいていたのですが、スーパーのパンでさえも異常に美味しいです!

1つ40〜60円ぐらいであのクオリティーならそれだけのために移住したくなるレベル!!笑

ベルリンってか、ドイツ全土に渡ってのことですが、本当一度はみんなドイツのパンを食べて欲しい!

4. ビン返却でお金が返って来る!

なんかそーいえば、社会の授業で習ったような気もするけど、ドイツではデポジットシステムがあって、ビンやペットボトルを買ったお店に返却すると、ちょっとだけお金が返ってくることになっています。

そういうタイプのボトルには、返却マークがあるそうなんですが、環境への意識がやっぱり高いなぁと思います。

ドイツって、古着を持ち寄って交換会をよくやっているという話を聞いたり、みんなエコバックを持って買い物に行くのが普通というイメージが強かったので、「エコな国」なイメージを持ってましたが、やっぱりその通りでした!

環境を意識して生活できるのってすごく気持ちがいいですね!

ホットカップ用リッドは反対派?

これはエコの観点からなのか、それとも経費削減の傾向からなのか、カフェでコーヒーのテイクアウトをする時、いまだにリッドをもらえたことがありません。

カップにコーヒーを注いだら、そのままフタなしで渡されます。

あとは、一度、すぐ出て行くつもりだったので、イートインなのにテイクアウト用のカップにコーヒーを入れてくれるようお願いしたら、結構驚いている様子でした。

あまり使い捨てはしたくないという文化なのかな・・。

ここでもプチカルチャーショックを受けてます。

5. クリスマスマーケットはやっぱり素敵

ベルリン・クリスマスマーケット

ドイツは2度目でも冬のドイツは初めてです。

冬のドイツといえば、やっぱりクリスマスマーケット!!

さすが本場は素敵で、美味しいソーセージにグリューワインなど、楽しみもたくさん!

寒さが思った以上でびっくりでしたが、防寒はしっかりに楽しくマーケット散策したいですね!

番外編:コインランドリー

2週間滞在ともなるとコインランドリーにお世話になることもあるわけなんですが、いかんせんドイツ語が読めないので、結構困りました。

ベルリン・コインランドリー

本気で何も解読できず、カフェ・バーのおじさんに一から十まで教えてもらった感じでしたが、€4(≒520円)で洗濯機に投入する用のトークン(コイン)と洗剤が出てきて、€0.50(≒65円)で8分間乾燥機が使えるトークンがゲットできる仕組みのようでした。

乾燥機はなかなかガンガンに温風かけて乾かしてくれたので、そんなに回す時間もいらずで終わりましたが、全然設定がわからず・・

聞けば、ランドリーって地方からの学生たちも結構手こずるところらしく、現地の人でも難易度は高いとか!

そんな場所で、困った時に、店員さんが嫌な顔せず丁寧に英語で教えてくれることにとっても感動しました。

ベルリンでの言葉

今回のベルリン滞在に向けて、英語が通じるということは聞いていたので、あまり心配はしていませんでしたが、ベルリンで英語が通じるのはとってもありがたいと日々感じて生活させてもらってます。

danke(ありがとう)、kuchen(ケーキ)、wasser(水)くらいしか知らないので、マジでドイツ語戦力ゼロなんですが、みんな本当に優しい。

最初は少しめんどくさそうな様子でも、結局丁寧に教えてくれたり、英語で当たり前に答えてくれたりするベルリンの人たちに感謝が止まらないです。

kasumi

(ドイツ語あともう少しでもできたらいいのにね・・。)

もちろんドイツの人たちと英語で話す機会もありますが、なんだか聞こえてくる英語はロンドン訛りゴリゴリの英語が多めで、それはそれで新鮮な感じもしてます!

おもしろいなぁ、ベルリン!

ベルリンどうよ?

1週間ベルリンに滞在してみてですが、住みやすそうなオーラガンガンに出てます!

まだ全然観光してないし、そのわりには観光気分満点でここにいるわけなんで、まだまだ細かな住宅事情や、エリア情報など掴みきれてないところもありますが、開拓しがいがある感じはしてます。

今のとこちっちゃなドジはあっても、大事件は起きてないし、引き続き安全運転でいきたい感じですね。。

滞在は残り1週間ですが、もうちょっとディープに見ていきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました