私がワーホリに3度行った理由

ワーホリの理由 ワーホリ

ニュージーランド。カナダ。アイルランド。

私はこれまで3度、ワーホリに行きました。

私がニュージーランドへ行った理由

Auckland

私のワーホリ1ヵ国目はニュージーランドでした。

大学を卒業してからのことで、言ってしまえば、私は就活失敗組。下手したら海外に逃げた人と言われそうなところではあります。

kasumi

・・結果的に見て、海外行ったことがむしろプラスになりましたけど♪

ニュージーランドに行くまで、海外に暮らすと言えば、スコットランドへ1ヶ月の語学留学をしたのが最長。

海外に1年も暮らすというのは、私にとっては結構な大冒険でした。

楽しく海外生活する!

なにもかもが初めてだった1度目のワーホリでは、好奇心全開にあれこれやっていたと思います。

初めてのホームステイ。

初めての海外アルバイト。

初めてのエクスチェンジワーク。

エクスチェンジワークとは、タダで住まわせてもらう代わりに、お手伝いをするというもの。ファームで羊に囲まれながらのお手伝いも経験しました。詳しくは:WWOOF or WWOOF JAPAN

ノートにやりたいことリストを作って、一つひとつチェックをつけていくのが楽しいような、そんなワーホリでした。

ワーホリ後半は、ニュージーランドをバスだけで4ヶ月ほどエクスチェンジワークをしながら旅して周り、行く先々のホステル(ゲストハウス)で他の旅人たちとも知り合ったり、ホームステイもさせてもらったり、いろんな「はじめて」を集めて、自分の世界を広げられるような体験がたくさんできました。

私がカナダに行った理由

Vancouver-Harbour

ニュージーランドから帰国し、何か英語が使える仕事がしたいと始めたのは、こども英会話スクールの講師でした。

あんなに就活で悪戦苦闘していたのに、帰国後の就職は英語力(特に話す力)がついていたこともあり、たった1件応募した企業からすぐ採用をもらいました。

kasumi

新卒採用なんてなんのその!たとえ、海外に行ってたって働く先はあるんです!!

なんだかんだと1年半はそこで働いていましたが、やっぱり自分が抑えられなかった・・。

職場にはネイティブの先生もいて、英語を使う機会は十分あったのですが、レッスンで使う英語は、やはり誰かと楽しくお話しする英語とは違い、日に日に自分の英語力が落ちていくことに耐えられなくなっていきました。

英語につかる

そこで思い立ったのが、カナダへのワーホリでした。

本当を言えば、ニュージーランドワーホリが終わりかけの頃から、いつかもう1ヵ国ぐらいはワーホリに行けたらいいと考えていたので、思っていたより時期が早まったというだけで、カナダワーホリは結局行くことになっていたように思います。

なんにせよ、この時立てた一番の目標は「英語を話す生活にどっぶりつかる」ことでした。

「経験あり」らしく冒険

2度目のワーホリということもあり、

学校に行く → 仕事 → 国内をぐるっとして帰国 っていう王道コースから大きく外れたい気がして、選んだのは「旅しながら好きな場所を選ぶ」というスタイルでした。

振り返れば、なんと無謀なことを試みたのか、あの大きなカナダ中を動き回り、気に入った場所のホステルで住み込みバイトをしながら結局9都市(+シアトル)を旅し、計3つのホステルで働きました。

kasumi

赤毛のアンで有名なプリンス・エドワード島やバンクーバー島のビクトリア、カナディアンロッキーに近いバンフというところのホステルで働きました✨

こう書くと、まぁまぁうまく行ったように見えるかもしれませんが、実は途中苦しくなって日本に1ヶ月、一時帰国しました。

いろいろ理由はありますが、自分で枠を固めすぎて窮屈になったのが一番の失敗でした。

2度目のワーホリなんだし、きっとこうあるべき!という勝手な理想に固執しすぎて、目の前のことを楽しめなかったのだと今ならわかります。

それでも、改めてカナダ入りしてからは、いろいろうまく回り出したので結果的には満足なワーホリになりました。

アイルランドに行った理由

Temple-Bar

カナダから帰ってきてからは、日本で地に足つけたいと思うようになっていました。

いつか日本でゲストハウスを開業できたらおもしろいかもと、日本のゲストハウスを知るため、東京や北海道のゲストハウスで住み込みヘルパーをした後、あるゲストハウスへ就職し、フルタイムで働き始めました。

kasumi

途中、北海道・ニセコのリゾバなんかもやって無駄にお金を稼いでみたりもしてました・・笑

ゲストハウスでの仕事は自分に合っていたと思います。

大好きな英語を使い、各国からの旅人たちに地域情報を教えてあげる代わりに旅の思い出を聞かせてもらい、それなりに充実した毎日でした。

ただ、日々の業務は掃除の割合が多めで、繁忙期には掃除に追われて、受付業務の頃には疲れ切っているなんてこともありました。(ちょっと人の足りてないゲストハウスだったんだよね。。)

そんな日々を過ごしながら、いろんなことが積もり積もって、ある時、もっと自分の英語力を活かせるはずだと思いました。

自分の可能性をもっと試してみたいと思ったんです。

もちろん、次のステップへ進むのなら、転職というだけでもよかったのかもしれません。

でも、前提条件に「英語が使える仕事」と思っていて、それならわざわざ日本の中で英語を使える環境を探すよりも、初めから英語の世界へ飛び込めば、あとはそこから発展させれば良いと思い始めてから、また「ワーホリ」という考えが頭を離れなくなりました。

カナダワーホリが終わる頃、ヨーロッパからの友達には「2年ぐらいしたら遊びに行くから」と言ってまわっていたのですが、気がつけばその時から2年が経とうとしていました。

・・そして決まったのがアイルランドでした。

もう一度チャレンジ

3度目のワーホリともなれば、もう力みすぎることもないわけで、本当にダメなら別に途中で切り上げたっていいという気持ちも多くありました。

まず行ってみないことにはわからないし、行ってみて、それでダメならそれでいいっていう、ニュージーランドの時よりはもう少し高みを目指すような、カナダの時よりはもっとおおらかな気持ちで挑むような、そんな心持ちで私はアイルランド行きを決めたのです。

まるで現地人のように!

ニュージーでは散々遊んだし、カナダでは十分旅人したし、アイルランドでは「働く」という点に力を入れて頑張りたいと思っていました。

現地でしっかり仕事をしつつ、アイルランドやヨーロッパの文化を十分楽しみたいと思っていたのです。

アイルランドでは、確かに仕事が見つかるまで時間がかかったし、何度も心折れそうになって日本に帰ろうと思ったこともあったけど、気がつけばアイルランドが大好きになって、ワーホリ期間もまだ残り半年あるうちから「まだ帰りたくない」と考えるほどになっていました。

思い描いていた通り、仕事をして、お休みの日は大好きな人と楽しく遊んだり、旅行にもあちこち行くような、そんな暮らしができ始めていました。

なるようになっている

Tahunanui-Beach

ずっといたかったアイルランドもビザの「1年間」というところには勝てず、帰国することとなりましたが、思ったようになっていると思うのです。

これはたぶん、ワーホリに行ったからとか、海外にいたからとかは関係なく、日本にいても、何をしていても同じく言えることだと思います。

でも、1年という限られた期間に当てて、自分のしてきたことを振り返ってみると、本当にその通りになってるんです!

ただ楽しみたかったニュージーランドでは思う存分楽しんだし、英語にどっぷりつかりたかったカナダでは、日本人を自分から探しに行かないと日本語が話せないくらい英語に囲まれた暮らしができました。

本当を言えば、アイルランドではどうにかワークビザにつなげて、そのまま現地生活を続けられるようにと奮闘していたんですが、その夢は叶わず。。

でも、結果的にアイルランドを離れてもアイルランドに繋がっていられるようなお仕事を見つけることができて、今ココにいます。

全部が全部思うようにいったわけではないけれど、それでも、振り返れば、最初に思ったままのワーホリをしてきているんです。

正直すぎただけ

ワーホリの経験をどう活かすかは自由です。

ワーホリ経験がきっかけで、留学カウンセラーになる人もいるでしょうし、ワーホリとは全く関係ない分野で思わぬ成功をおさめている人もいることでしょう。

私にとっては、アイルランドワーホリはカナダでの経験に基づくリベンジワーホリ的な意味合いもあったり、カナダワーホリもニュージーでのワクワクに溢れたワーホリ経験あってこそのステップアップワーホリのような意味合いがありました。

あの時があったから今があるわけで、私はただ自分のやりたいことを優先してきただけ。

気になったことをそのままやっちゃっただけなんです!

ネガティブを覆して

振り返ってみれば、自分は不器用な生き方をしているなと思うこともたくさんあります。

キャリアコンプレックスとでも言うのでしょうか。

こんなに住む場所も、仕事も変えて、急にふと自分が築いてきたものがなんだったかわからなくなったりして、すごくネガティブに思っていたこともありました。

いつだって、友達からの連絡は「今はどこにいるの?」で始まる人で、ふらふらと生きているような自分に全然自信が持てないこともあったけど(・・今も時々そんなことを思うけど)、今こうしていられるのも、「その分経験豊富だもん!」と開き直ることができたのが大きいかもしれません。

3度のワーホリのあとで

worldsign

ワーホリでも留学でもなんでも、やるかやらないか迷っている人は、やってみればいいんじゃないかと思います。

私はただただ不器用ではありながら、やりたいと思うことをして、結局なんとかなってきました。

やらなければやらないで、そういうことになっていくし、やったらやったで、またそこから別の何かにつながるもので、確かに「あの時こうできてたら・・」なんて自分反省会をすることはあっても、その過去を消し去りたいとは思いません。

いいことがあったから次に進んだし、嫌なことがあったからそうならないように別の道に進んできただけ。

どっちを選んでもその先があるなら、気になった方をやってみればいいじゃんと思うのです。

・・じゃあ、3度のワーホリを終えて私はどうしたいのか。

アイルランドワーホリでフリーランスという働き方に出会い、今は、そんな働き方を発展させて行けたらいいと思っています。

ふらふらしているようでもちゃんと稼ぎのある地に足のついた自由人になりたいと思っています。

まだまだ不器用さがたたってうまくいかないこともあるけど、それでもやっぱりこの後もまた何かが始まって行くわけで、振り返れば自分の後ろには道はできあがっていくと信じています。

これから、ワーホリ・留学を考えている人、もう海外にいるけど、なんだか考えちゃう人に何かヒントが与えられたらいいななんて生意気なことを思いつつ、自分らしいやり方でやっていきたいと思ってます。

だって、気なるならやればいいんだもん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました