【副業】Shutterstock(シャッターストック)で写真を売るためのステップ

shutterstock 働き方
  • 旅好きが高じていい感じの旅写真も増えてきた!
  • ちょっとでもお小遣い稼ぎができたらいいな・・

Shutterstock Contributor(寄稿者)になれば、写真を使ってお小遣い稼ぎができます!

ここではそのステップをご紹介していきます。

写真の販売審査を通すためのコツも合わせて紹介していきますよ!

スポンサーリンク

shutterstock(シャッターストック)とは?

本題に入る前に、そもそものところから・・

shutterstock(シャッターストック)とは、画像や映像素材ライセンスの提供を行うアメリカのフォトストックサービスです。

サイトは日本語でも展開され、世界各国に利用者がいます。

Shutterstock Contributorになる方法

shutterstockの素材は、枚数や月額単位で料金を払えばダウンロードができますが、素材をアップロードする側にもなれます。

寄稿者になるだけなら特に難しい審査もなく、簡単に登録ができます。

Shutterstock Contributorになる5ステップ
  • ステップ 1
    寄稿者コミュニティへの登録

    まずは以下のリンクの「利用開始」ボタンを押して登録を始めます。

    >> https://submit.shutterstock.com/?language=ja

    Shutterstock-Contributor
  • ステップ 2
    情報の入力
    利用登録

    名前(本名)や表示名、メールアドレスやパスワードを決めて同意欄にチェックをつけて「次へ」へ。
    (名前と表示名は日本語が使えないので、ローマ字入力をしましょう!)

  • ステップ 3
    メール認証
    メール通知画面

    登録のメールアドレスに本人確認のメールが届くので、メールのリンクをクリックして認証を行います。

  • ステップ 4
    住所の登録
    住所入力

    今度は英語で住所の登録をおこないます。
    (英語での住所入力が不安な人は、「住所 英語 変換」などで検索すれば住所変換ツールが使えます!)

  • ステップ 5
    登録完了!!

    住所入力し「次へ」を押したら入力完了です!

Shutterstockで写真を売る

photos

利用登録が済めば、晴れてあなたもshutterstock contributor(寄稿者)となるわけですが、本番はここからです。

スポンサーリンク

写真のアップロードと審査

写真のアップロードは簡単で、アカウントページの「画像をアップロード」というボタンから簡単に始められます。

アップロード画面

ファイルをドラッグ&ドロップか、ファイルの選択をしたら「次へ」から進み、画像の説明やタグ、カテゴリーを英語で設定し「送信」を押せば、あとは審査に進みます。

この審査は割とすぐ進むようで、アプリをダウンロードしておくと、お知らせ機能ですぐに結果を知ることもできます。

Shutterstock Contributor

Shutterstock Contributor

Shutterstock Inc.無料posted withアプリーチ

報酬

報酬について詳しくはshutterstockの報酬・税務情報のページから詳しく見ることができますが、写真、イラスト、ベクター画像の報酬額内訳はこんな感じ・・

今年(暦年)の画像ライセンス数報酬額
100枚以下15%
101〜25020%
251〜50025%
501〜2,50030%

画像ライセンス数とはつまり、ダウンロードしてもらった数。

1月1日〜のダウンロード数に応じて、報酬額もアップすることになります。
(まぁ、100枚を超えてダウンロードしてもらうには相当にたくさんの写真の審査を通さないと難しそうですが・・笑)

審査を通るためのチェックポイント

フォーカスやノイズ等、気をつけたつもりでも審査に通らないということもあったりしますが、以下のポイントについては写真選定の段階でうまくチェックしましょう。

  • タイトルとキーワード
     →タイトルやキーワードに個人名や建物名を入れてはダメ
  • ブランディングや商標
     →お店の名前やロゴが入っているものはダメ
  • モデルリリース
     →写っている人物の許可がないものはダメ [肖像権を侵害しない]
  • プロパティーリリース
     → 許可を得てないアート作品、建物の写り込みのあるものはダメ

旅行等で撮った写真では、観光名所やその場所らしいものほどプロパティーリリースの部分で引っかかりやすいので、その国らしさ、その地域らしさを出した写真をアップしようとすると意外と難しかったりします。

Sutterstockで副業!?

写真を撮る

実際のところ、1枚あたりの報酬がそんなに大きくはないので、ガツガツに稼ぐとは行かないかもしれません。

でも、誰かが自分の写真をダウンロードしてくれたという通知が流れてくるとうれしいものです。

旅の思い出や日々の素敵な風景の切り取り画像をちょっと別の楽しみに使ってみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました