気になるなら始めてみて!ウクレレが楽しい理由

ウクレレ 暮らし

ずっとウクレレを弾きたいと言い続け、まさかのアイルランドでウクレレを買って以来、ウクレレにハマっています。

ウクレレも山登りも、ちょっと始めるとウクレレ女子だの山ガールだのと、〇〇女子、〇〇ガール呼ばわりで、ミーハー感をガンガンに出されてしまいますが、私は声を大にして言いたい!

ウクレレは本当に楽しいから、どっぷりハマりこんで欲しい!

と。

女子こそウクレレを!

小さく、軽量のウクレレは持ち運びも便利で、女性でも扱いやすい楽器です。

日本でも少しずつウクレレ関連のフェスが開かれているので、少しうまくなってきたらウクレレを持ってフェスに参加なんて、夢も広がります。

ギターがダメならウクレレを!

・・実を言うと、私はギターで挫折した人です。

ギターでは、どうしても指が届かず、押さえられないコードが多すぎたから。。

弦が6つもあるのにどうやって5本の指で押さえるっていうのさ!!

そんな私と同じ想いをしたことがある人がいるなら、信じて欲しい!

ウクレレなら4弦だし、フォルムもちっちゃいし、「指が届かない問題」はほぼほぼなくなります!

たった4コードでも曲が弾ける!

しかもです!

ウクレレでは、 C F G Amの4つのコード(音)が弾ければ、大体の曲が弾けるようになります!

しかもしかも!その4つのコードはそこまで難しくない!!

(CとAmはたった1本弦を押さえるだけだし、Fは2本だけど無理なく押さえられるコード!)

Gのコードは押さえるのがちょっとだけ大変ですが、それでも、ちょっと頑張って練習すれば、すぐできるようになります!(代わりにG7コードという抜け道さえある!)

弦を鳴らす手の動かし方も大事になりますが、コードが押さえられるようになれば、

Cコードをジャーン、Fをジャーン、Gをジャーン、時々Amをジャーン(※順不同)

と弾き、繰り返すだけで結構それっぽく聞こえたりするのです。

最初のうちは練習あるのみですが、全然形にならないと、いくら楽しいと言われても続きませんよね。

4つのコードが弾ければ、弾ける曲がグンと増えるとなれば、やる気にもつながりやすいのです。

YouTubeでレッスン見つけ放題

じゃぁ、具体的にどう始めればいいのかという話ですが、今の時代、ネットに情報が溢れています!

YouTubeでもレッスン動画がたくさん。

私も、

  • ガズレレ簡単ウクレレYouTube
  • The Ukulele Teacher (英語)

はヘビロテで観てました。

もちろん、もっと突っ込んでやりたければ、オンラインレッスンという手もあるし、レッスンに通うと他のウクレレ仲間もできるというのもありますが、手始めにYouTubeで学べるとわかれば、気軽に始められる気がしませんか?

ウクレレの選び方

ここまで来て、「やっぱりウクレレやってみたいかも!」となった人、まずはウクレレをゲットするところからですが、何がいいのかって話ですよね!

私はまさかのアイルランドでウクレレをゲットするというところから始まったのですが、ど初心者だったこともあって結構迷いました。

初心者のうちからすごーくいいウクレレを買うのも気が引けるし、だからっておもちゃのウクレレを買うのは逆にもったいない気がする・・・。

あまりにも安いと音がズレすぎて何度もチューニングが必要なんて話も聞いて、結局私のウクレレ第一号は1万円程のものにしました。

KALA
KALAというブランドのKA-15Sが私のウクレレ第一号

好きな「音」で選ぶ

予算のこともあったのですが、一番の決め手になったのは音でした。

アイルランドでなんですが、ウクレレフェスにも行き、会場でずらっと並んだウクレレを見られたのはよかったと思ってます。

Ukulele-Hooley

お手頃価格のものから、高級なものまで並んでいたのですが、似たような値段でも、ボディーの素材や弦の素材で全然音が違っていて驚いたのを覚えています。

ウクレレの音がどれだけ気に入っているかも楽しくウクレレを弾くためのポイントだと思うので、音を聞いて決めるのも結構大事な気もします。

できるだけ楽器屋さんに行ってものを触り、音を確かめて買うのをオススメします。

ブランド&価格で選ぶ

・・そうは行っても、なかなか近くに楽器屋さんがなかったり、あちこち楽器屋さん巡りは大変という人もいるはず。

ということで、ちょっとだけオススメを!

Famous / FS-1G (KIWAYA)

KIWAYAというところから出ているFamousシリーズです。

ひとまずFS-1Gを。

アイルランドではウクレレレッスンもとっていましたが、そのウクレレの先生もKIWAYAはいいブランドだと褒めていました。(アイルランド人でさえも知っているとは!)

ショッピイングサイトのランキングでも毎回上位にランクインしてますね。

AU-1 (ARIA)

ちょっと予算は抑えめ、それでもそれなりに弾けるのがいいと言うなら、AU-1が無難かも。

底の部分にストラップが取り付けられるピンが付いているのもポイントです。

最初の頃って、弾きながらウクレレを持ってるのが結構大変です。

ストラップをつけて首から下げようにも、ウクレレに引っ掛けるタイプのストラップや、ピンを取り付けるタイプだったり、どう取り付けるかまた悩むポイントだったりして・・。

最初っからピンがついているなら簡単取り付けで便利ですね!

初心者ウクレレは「ソプラノ&ギアペグ」

音を基準に選ぶにしろ、値段を基準に選ぶにしろ、最初のウクレレ選びでは、ひとまずサイズペグのタイプを見ておくといいと思います。

ウクレレにも、ソプラノ、テナー、コンサートとサイズの違いがありますが、最初はスタンダードなソプラノで行きましょう!

次に、ペグですが、チューニングの時に回すつまみの部分をペグと言います。

ギターと同じように左右にペグが付いているものはギアペグタイプ。

ペグが後ろについていて、正面からペグが見えないものはストレートペグタイプで、少し調整が難しいようなので、初めてのウクレレでは、ギアペグのを買うことをオススメします。

あとは、気になるウクレレの品番をYouTubeで検索すると、多少音質に難はあったりしますが、レビュー動画で音を聴き比べることもできるので、不安なら見てみるのもいいと思います。


わーわー言っても、気になるなら、それはやってみるべきです。

何だかウクレレが気になっている人が、実際にウクレレを手にとるきっかけになればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました