SNSで追いたい!アイルランドの注目したい人たち

アイルランド

「インフルエンサー」という言葉を聞くようになって久しいですが、アイルランドでも注目したい人たちがいます!

ここでは、アイルランド情報大好きなたびわ(@tabi_wa)の独断と偏見により、SNSで話題になっている、アイルランドで注目しておきたい人たちを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

Gardiner Brothers/ガーディナー・ブラザーズ

@gardinerbrothers

TikTokで勢いを見せているのは、アメリカ出身で、アイルランド・ゴールウェイ在住の兄弟「Gardiner Brothers(ガーティナー・ブラザーズ)」。

彼らは、Instagram(@gardinerbrothers) ではフォロワー65万人超え(2022年4月現在)TikTok(@gardinerbrothers)ではフォロワー210万人超え(2022年4月現在)で、「アイリッシュダンサー」で「インフルエンサー」という地位を獲得した2人です。

2021年のセント・パトリックスデーの頃にはあちこちから引っ張りだこで、マクドナルドの「シャムロックシェイク(=セント・パトリックデー限定シェイク)」の宣伝もしていました。

実は彼らは、どちらもリバーダンスのメンバーです!

今後は、リバーダンスでの活躍だけでなく、2人のSNSにも注目していきたいですね!

Cairde / コージャ

Gardiner Brothersに注目!と思っていたら、ちょうどGardiner兄弟と同じ時期ぐらいからTikTok投稿を始めてさらにフォロワー数を伸ばしているグループがいました!!

@_cairde

グループ名のCairde(コージャ)は、アイルランド語で「友達」の意味。

Instagram(@_cairde) ではフォロワー37万人超え(2022年4月現在)、TikTok(@_cairde)ではフォロワー270万人超え(2022年4月現在)で、とにかくTikTokでの伸びがすごい!

グループのロゴやTwitterでの投稿では、アイルランド最古のアルファベット「オガム文字」が書かれており、こんな→「ᚉᚐᚔᚏᚇᚓ」表記があります。

これはグループ名のCairdeをオガム文字変換したものです。

↓↓Twitterの投稿

こちらのグループは、コロナ禍でアイルランドがロックダウンになり、学校が休みになったこともあり、リモートでInstagramの投稿から始めたんだそうです。

その後規制が緩和されて、みんなで集まった時に撮った動画をTikTokに上げたところ、バズって一気に人気アカウントになったらしいです!

Robert Grace/ロバート・グレース

Robert Grace(ロバート・グレース)もTikTokで大バズを起こした人の一人。

@robertgracemusic

#stitch w/ @inverse that frogs got better timing then most musicians 😂 couldn’t pass it up for a remix #fyp #viral #remix #originalsound #songwriter

♬ NO HOPE THE FROG SONG SNIPPET – Robert Grace

キルケニー出身の彼は、有名曲のカバーやオリジナルソングの他、変わった音をアレンジしたオリジナル楽曲をTikTokで紹介していたようなのですが、ある日「カエル」の鳴き声をアレンジして投稿した楽曲が大ウケし、瞬く間に再生回数を伸ばしたようです。(バズった動画は2時間ほどで出来上がったものだったとか・・

結果、彼の楽曲はYouTubeなどでフルバージョンが公開となりました。

フルバージョンはここから:https://robertgrace.lnk.to/NoHope

このアーティストも、2020年の5月頃からTikTokでの動画のアップロードを始め、のちにSony Musicとの契約もしています。

今後さらに活躍が期待されるアイルランドシンガーになるかもしれません。

スポンサーリンク

Séamus Lehane

TikTok(@seamboyseam)Instagram(@seamboyseam)で着々とフォロワー数を伸ばしているのは、アイルランド語ネタやアイルランドの政治家ものまねコントをするSéamus Lehane(・・名前の正しい発音は未確認。。)

だいぶコアなネタになりますが、アイルランド語の不思議用法を英語でテンポよく解説していたりする投稿がおもしろいです。

政治家ものまねでは、レオ・バラッカー副首相やサイモン・ハリス高等教育研究・技術革新・科学振興大臣はかなり特徴が出ていて好きです 笑

アイルランド語に興味のある人、アイルランドの政治がわかる人向けにはなるため、少しニッチなトピックを扱う人ではありますが、たびわ的に今後追いたい人の一人です。

Hephee

ちょっとアートなものを楽しみたい方には、Instagramでの投稿がおもしろいHephee@hephee)を。

Hephee(・・名前の正しい発音は未確認。。)ことStephen HeffernanのInstagramには、軽い落書きのようで、結構風刺がきいた作品が並びます。

このアーティストは、アイリッシュウイスキーのジェムソンのセントパトリックスデーパッケージもデザインしています。

Foil Arms and Hog/フォイル・アームズ・アンド・ホグ

アイルランドで一番推したいコメディーグループと言えば、Foil Arms and Hog(フォイル・アームズ・アンド・ホグ)です。(グループ名は、メンバー3それぞれのニックネームをそのまま並べたものらしいです。)

2008年結成の彼らは、もうすでにアイルランドのテレビやラジオにも多く出演し、アメリカやヨーロッパでも公演をしています。

SNSでの活動を追いたいというより、多方面での活躍を今後もっと見ていきたいといった感じのグループです。

彼らのジャンルは「スケッチ・コメディー(Sketch comedy)」というもので、日本語で言う「ショートコント」のようなスタイルです。

程よく風刺がきき、アイルランドのあるあるがつまっているので、アイルランド好きにとってはどの作品もたまらないはずです。

彼らのYouTubeチャンネルは70万人(2022年4月現在)ものチャンネル登録者がいて、アイルランド語を題材にしたこちらの作品なんかは再生回数が580万回を超えています↓↓

こちらのスケッチも最高です!!↓↓

アイルランドの注目の人たち

他にも、東京オリンピックの体操アイルランド代表だったリース・マクレナガン(Rhys McClenaghan)選手のTwitter(@McClenaghanRhys)のバズ投稿きっかけで彼のYouTubeを知ったり(彼のVlogがよかったんです!)なんてこともあり、きっとまたアイルランドの情報を集めるほどに、応援したい人が増える予感です。

ここで紹介しているのは、すでにプロとして活躍していたりして基盤のある人たちではありますが、SNSでの発信のおかげで知ることができた人たちです。

彼らを応援しつつ、今後も注目したい人がいれば、随時こちらに追加していきたいと思います!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました