雨の日に聞きたいアイルランドの曲リスト【YouTubeリンクつき】

アイルランド

雨の日続きで憂鬱になるので、雨の日に聞きたいアイルランドの音楽集めました。

しっとり系から元気が出る系まで。

気がつくとインディーズ系ばかり聞いてしまう私がお届けします!

スポンサーリンク

しっとり雨モードに浸りたい時

1.『Falling Slowly』-Glen Hansard

映画『Once ダブリンの街角で』の曲です。

PVは映画のシーンで作られているので、見るたび映画も見たくなってしまいます。

映画のサントラごとオススメしたいのですが、『Falling Slowly』の他『Lies』もしっかりしっとり系です。

未練たっぷりの男が歌う歌多めなので、歌詞は切ないものばかりですが・・。

2.『Linger』 -The Cranberries

The Cranberries(ザ・クランベリーズ)は、1989年結成のリムリック出身バンド。

2018年にボーカルのDolores O’Riordan(ドロレス・オリオーダン)が亡くなり、2019年に解散しているバンドですが名曲揃い!

『Linger』が一番好きですが、『Dreams』や『Zombie』も名曲!

>> The Cranberriesの他の曲もチェックする

3.『Sometimes』-Kodaline

Kodaline(コーダライン)は、2013年デビューのオルタナティブ・ロックバンドグループです。ダブリン・スウォーズ(Swords)出身だそうです!

元は21 Demandsというバンド名でしたが、2012年に名前を変えています。

最近だと、2020年6月に新曲『Say Something』をリリース。

透き通るような声が素敵です。

2019年には来日してるんですよね!!また来ないかなー♪

>> Kodalineの他の曲もチェックする

スポンサーリンク

雨の鬱陶しさに打ち勝ちたい時

雨で下がったテンションを上げたい時はこちら。

1.『The John Wayne』 -Little Green Cars

ガチャガチャにはしたくないけど、程よくテンションを上げたい時に。

Little Green Cars(リトル・グリーン・カーズ)は、2008年結成、ダブリン出身の5人組フォーク・ロックバンドグループです。

『Big Red Dragon』もいい感じにテンションあがる!

>> Little Green Carsの他の曲もチェックする

2. 『Angel From The Coast』 -Thin Lizzy

雨に負けるか!で、ガツガツの「ロック感」が欲しい方にはこちらをどうぞ。

Thin Lizzy(シン・リジィ)といえば、「アイルランドの英雄」とも言われる国民的グループバンド。

ダブリンのHarry Streetには、ボーカルのPhil Lynott(フィル・ライノット)の像もありますね。

アイルランド伝統音楽の『Whiskey In The Jar(ウイスキー・イン・ザ・ジャー)』のカバーも有名です。

3.『Prettiest Little Girl』 -We Banjo 3

(動画は途中からスティービー・ワンダーのSuperstitionのカバーになっちゃいますが、カバーもまたいい感じ♪)

ケルトの雰囲気強めでテンション上げたいならWe Banjo 3(ウィー・バンジョー・スリー)!ゴールウェイ出身のバンドグループです。

フィドルやバンジョー、バウロン(=アイルランドの打楽器)を使った音色はケルト感満載!

アイルランドの音楽にアメリカのブルーグラスが融合されていて、とっても爽やかです。

だんだんテンション上がってきたら『The Fox』も聞きたくなる♪

>> We Banjo 3の他の曲もチェックする

雨がいいアイルランドの曲

雨の日

実際のところ晴れてても是非聞いて欲しい曲ばかりですが、雨の日にマッチする音楽を集めました。

アイルランドと言えば「雨」という人もいますが、私が1年暮らした印象では雨は降るけどそこまでじゃない・・という感じ。

というのも、アイルランドの天気は移り変わりが激しく、シャワーのように雨が降ってもすぐ晴れてくることも多いから。(だからたくさん虹がでる!)

とは言いつつ、雨の日にアイルランドバンドの曲に助けられることは多い。

アイルランドはU2だけじゃありません!

音楽の国アイルランドのもっと素敵な音楽に是非聞き入りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました