【アイルランド語】「おめでとう」から「メリークリスマス」まで

アイルランド語のお祝いフレーズ アイルランド

アイルランド英語は早いし聞き取れない?なまり?スラングって?でも書いている通り、アイルランドの主要言語は英語ですが、もともとの言語であるアイリッシュ・ゲール語(アイルランド語)も大切にされています。

ここではアイルランド語の解説サイトを読み漁り、アイルランド人にも教えてもらいながら集めたアイルランド語の季節のあいさつフレーズお祝いのことばをまとめています。

アイルランド人へのお手紙や特別な時のメッセージなど、ちょっとアイルランド語を書いてみたい時にお役に立てればうれしいです!

アイルランド語の「ありがとう」や「さようなら」など使える単語が知りたい方はこちらの記事を↓↓
スポンサーリンク

アイルランド語の基本

アイルランド語は、話しかける相手が1人か複数人かで呼びかけのことばが変わる言語です。(日本語で「あなた」と「あなたたち」のように言い方が変わるのと同じです。)

英語では「you」を使って「あなた」も「あなたたち」も両方表せますが、アイルランド人が英語で複数の人に話す時に「yous」を使うのはアイルランド語の影響もあるのかもしれません。

アイルランド語で1人に話しかける時は、duit(ドゥイトゥ)dhuit(グゥイトゥ)または ort(オルツ) を、複数人に話しかける時daoibh(ドゥイーブ)または oraibh(オーリー)をつけます。

*ここでは少し邪道ではありますが、発音の感じがわかるようできるだけ近い音をカタカナ表記しています。

使えるフレーズ基本の5つ

1. メリークリスマス/ハッピークリスマス – Nollaig Shona

Nollaig Shona

Nollaig Shona(ノーリクホーナ)で「メリークリスマス」です。

Nollaig が「クリスマス」を、Shona が「ハッピー(メリー)」を意味し、語順が英語とは違って、後ろから修飾するような形をとります。

  • 1人に向けて言う時:Nollaig Shona duit!(ノーリクホーナ ドゥイトゥ)
  • 2人以上に言う時 :Nollaig shona dhaoibh!(ノーリクホーナ ドゥイーブ)

2. 明けましておめでとう – Athbhliain Faoi Mhaise

Athbhliain Faoi Mhaise

英語読みの発音とは全く違うので読むのが大変ですが、Athbhliain faoi Mhaise(アッフリン フイ ワシャ)で、「明けましておめでとう(Happy New Year)」になります。

  • 1人に向けて言う時:Athbhliain faoi Mhaise duit!(アッフリン フイ ワシャ ドゥイトゥ)
  • 2人以上に言う時 :Athbhliain faoi Mhaise dhaoibh!(アッフリン フイ ワシャ ドゥイーブ)

「Happy Christmas and Happy New Year (to you guys) 」という年末お馴染みのフレーズも、アイルランド語では、Nollaig Shona agus Athbhliain faoi Mhaise daoibh(ノーリクホーナ アガス アッフリン フイ ワシャ ドゥイーブ )といった感じになります。

3. お誕生日おめでとう – Lá breithe shona duit

Lá breithe shona duit

Lá breithe shona duit(ラ ブラへ ホーナ ドゥィトゥで「お誕生日おめでとう(Happy birthday to you)」です。

4. おめでとう – Comhghairdeas!

Comhghairdeas!

Comhghairdeas!ゴージャス)はのどから出すように最初の音を発音して、「おめでとう(Congratulations)」の意味です。

gairdeasで「喜び」の意味で、言葉としては「喜びとともに」と言う風に伝えていることになります。

5. 頑張ってね! – Go n-éirí leat!

Go n-éirí leat!

頑張ってね!(Good luck!)」と声を掛けたい時のアイルランド語は、Go n-éirí leat!(グニャイリ リット)です。

現地イベントで使えるフレーズ3つ

アイルランドで大切な行事の時に使えるアイルランド語フレーズはこちら。

6. Happy Halloween – Oíche Shamhna Shona

Oíche Shamhna shona

Oíche Shamhna Shona(イーハ ハウナ ホーナ)で「ハッピーハロウィン(Happy Halloween)」になります。

先にアイルランド語での「メリークリスマス」の言い方で見たように、Shonaは「happy」を意味し、Oíche Shamhnaは「サウィン前夜(Samhain Eve)」を意味します。

ハロウィンは元々はサウィンというお祭りに関連しています。

11月1日がサウィン本番で、ハロウィンとされる10月31日はサウィンの前夜祭となります。

だから、アイルランド語で「ハッピーハロウィン」という時は、「ハッピーサウィンイヴ」という言い方をします。

ハロウィンとサウィンについてもっと知りたくなった人はこちらの記事もチェック↓↓
  • 1人に向けて言う時:Oíche Shamhna shona duit!(イーハ ハウナ ホーナ ドゥィトゥ)
  • 2人以上に言う時 :Oíche Shamhna shona daoibh!(イーハ ハウナ ホーナ ドゥィーブ)

ちなみに、Oícheは「夜(night)」の意味であり、Oíche mhaith(イーハワ)で「おやすみ」になります。(そのまま訳すと「夜 良い」となり、こちらも後ろから修飾する形になってます)

7. Happy St.Patrick’s Day – Lá Fhéile Pádraig sona

Lá Fhéile Pádraig sona

3月17日、アイルランドの祝日・セントパトリックデーで明るく挨拶したいなら、Lá Fhéile Pádraig sona(ラーラ パードリソナ)です。

Happy St.Patrick’s Day! と言っていることになり、頭の「ラーラ」という音がまるで歌っているようです。

「お誕生日おめでとう」の言い方を見てきた人は気づいたかもしれませんが、が「日 (day)」を表します。

  • 1人に向けて言う時:Lá fhéile Pádraig sona dhuit!(ラーラ パードリグソナ グゥイドゥ)
  • 2人以上に言う時 :Lá fhéile Pádraig sona dhaoibh!(ラーラ パードリグソナ グゥイー

8. Happy Easter – Beannachtaí na Cásca

Beannachtaí na Cásca

Beannachtaí na Cásca(ベネフツィ ナ コースカ)で「ハッピーイースター(Happy Easter)」です。

字義通りに訳すと「Blessings of Easter on you!(イースターの祝福があなたにありますように)」といった意味合いになるそうです。

  • 1人に向けて言う場合:Beannachtaí na Cásca ort!(ベネフツィ ナ コースカ オルツ)
  • 2人以上に言う場合 :Beannachtaí na Cásca oraibh!(ベネフツィ ナ コースカ オーリー)

アイルランド語で伝えよう!

どのフレーズもスペルも発音も難しいですが、手紙やメッセージで伝えるならスペルだけ頑張ればいけます!

せっかくアイルランドにつながりがあるなら、ぜひアイルランド語も使えたらいいですよね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました