いくつ観た?おすすめしたいアイルランド映画

アイルランドの映画 アイルランド
  • アイルランドの映画といえば?
  • アイルランドのオススメの映画は?

アイルランドを知るためには、映画もチェックしたい項目の1つ。アイルランドがわかる映画リストをご紹介します!!

本でアイルランドを知りたい方はこちらもどうぞ↓↓
スポンサーリンク

アイルランド映画の基本

まずはおさえておきたい映画作品3つをご紹介。

1. 『Once ダブリンの街角で』

『Once ダブリンの街角で(原題:Once)は、アイルランド・ダブリンが舞台で、ある男とチェコ系移民の女が音楽で心通わせていく様子を描くラブストーリーです。

アイルランドの首都・ダブリンの街並みが多く映し出され、この映画を見てからダブリンに行くのもいいし、ダブリンに行ってからこの映画を見てみるのもおもしろいです。

たびわ
たびわ

現地に行くならロケ地巡りも楽しくなる!

グラフトン・ストリートやオコンネル・ストリートも出てくるし、スティーブンズ・グリーン公園に、アーケード・マーケット(=George’s Street Arcade)も出てきます!!

ちなみにですが、彼らがピアノを弾いていた楽器店は実在していたのですが、2018年に閉店してしまいました・・。残念です。

手ブレ感のある、ホームカメラで撮ったような感じが、ドキュメンタリーチックで、独特の空気感ある映画です。

(この後紹介する『シング・ストリート 未来へのうた』にもつながるシーンもあるような気がします・・。探してみるとおもしろいかも!)

ダブリンではこの物語のミュージカルも上映されたりしています。

2. 『シング・ストリート 未来へのうた』

『シング・ストリート 未来へのうた(原題:Sing Street)は2016年公開。

さえない日々を送っていた少年がバンドを組み、音楽活動にのめり込みながら、友情、恋愛、家族と向き合っていくストーリー。

アイルランド・ダブリンが舞台の作品ということで、ダブリンの美しい景色が度々登場します。

タイトルになっている「シング・ストリート(=Sing Street)」はSynge Streetから来ており、このSynge Streetはダブリンに実際にある通りの名前です。

映画を見ると、ロケ地巡りもしてみたくなります。

監督は、『ONCE ダブリンの街角で』も手掛けたアイルランド人のJohn Carney(ジョン・カーニー)監督です。

この監督の映画はどれも「音楽に生きる人」たちを描いていて、やっぱり音楽っていいなと思える作品ばかりです。

たびわ
たびわ

ジョン・カーニー監督作品の『はじまりのうた(原題:Begn Again)』もオススメです!

コナーのお兄ちゃんや、プロデューサー担当のダレンの英語は少しアイリッシュアクセントが強い印象。アイリッシュアクセントに触れてみたい人も観てみるといいと思います。

3. 『マイケル・コリンズ』

アイルランドの歴史映画といえばこれ、『マイケル・コリンズ(原題:Michael Collins)

アイルランドの独立を描いた映画です。

歴史映画と言っても、エンターテイメント性もあり、わりと入り込みやすい作品だと思います。

主役を演じたリーアム・ニーソンは、北アイルランドの出身で、アイルランド映画の『プルートで朝食を』では、リーアム紳士の役を演じています。

こちらでは歴史を語るダブリンの場所が多く出てくるのでこれからアイルランドに行く人はチェックしておきたい映画です!!

マイケル・コリンズで歴史を学ぶならこちらも↓

基本の次に見るべき映画

4. 『ブルックリン』

ブルックリン(Brooklyn)』は2015年公開の映画です。

アイルランドを離れ、ニューヨークで暮らすことになったエイリシュという一人の女性の物語を描いた作品。

今注目のシアーシャ・ローナン主演の映画作品です。

5.『 ザ・コミットメンツ』

1991年公開の『ザ・コミットメンツ(The Commitments)』はアイルランドの音楽映画・バンド映画を代表する作品です。

ダブリンで本物のソウルミュージックバンドを結成しようと結集した若者たちの物語です。

清々しい青春物語のように見えて、最後はなんとも言えないモヤモヤ感が残り、そこがまたリアル感を演出します。

バニーが出てきたり、『シング・ストリート』でコナーのお母さん役を演じたマリア・ドイル・ケネディーがリードボカールとして歌っていたりして、『シング・ストリート 未来へのうた』と合わせて見るとまたおもしろい作品です。

『Once ダブリンの街角で』で主役の男を演じたグレン・ハンサードも出演しています。

6. 『ベルファスト』

アイルランドではなく、北アイルランドが舞台の映画ですが、これもアイルランドの歴史を理解するのにおすすめの映画です。

北アイルランド紛争を描く作品で、全編モノクロとなるため、一見重苦しい映画のように見えるかもしれませんが、クスッと笑える部分があったり、そんな笑いを誘う無邪気な主人公・バディが物語の辛いところを引き立てたりととても繊細な描写のある作品です。

アイルランドのアニメーション映画

アイルランドには「アイルランド版ジブリ」とも呼ばれる、カートゥーン・サルーンというアニメーションスタジオがあります。

そのスタジオ作品も是非チェックを!

7. ブレンダンとケルズの秘密

ブレンダンとケルズの秘密(The Secret of Kells)』は、アイルランドのアニメーションスタジオ カートゥーン・サルーン初の長編アニメ作品。

プロジェクションマッピングのような世界観がとても印象的な作品です。

アイルランドの首都・ダブリンに展示される国宝「ケルズの書」が完成するまでの物語をモチーフに作られた作品です。

多少事実と違う部分もあるようですが、ケルト色が強く、どっぷりアイルランドの世界に入り込めるような作品です。

7. 『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた(Song of the Sea) 』は1998年公開の映画。これもカートゥーン・サルーン作品です。

まるで絵本が動き出したような幻想的・独特な世界観が印象的な作品です。

物語はアイルランドの神話をベースにしており、妖精と人間の間に生まれた子の冒険を描くアニメーション映画になっています。

映画に登場する街には、ダブリンのアイコニックなあの銅像も登場します。

ニール・ジョーダンが監督した『オンディーヌ 海辺の恋人』という作品では、『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』のベースとなるセルキーの伝説を軸にしており、アニメ映画の方を見てから『オンディーヌ』を観るとより話がわかると思います!

オンディーヌ 海辺の恋人』も、アイルランドの俳優コリン・ファレルのアイリッシュ訛りとコークの美しい景色が楽しめる作品です。(物語のどんでん返しにも注目!)

まだあるアイルランド映画

アイルランド映画は他にもまだまだあります。実際に見ておもしろかった作品をリストアップしておきます。

  • ウェイクアップ!ネッド(原題:Waking Ned)』(1998年公開)
    → よく考えると大変な事件なのですが、コメディータッチの作風でなんだかあたたかい気持ちで見られる作品です。
  • プルートで朝食を(Breakfast on Pluto)』(2005年)
    → 主演のキリアン・マーフィーの演技がさすが!これもアイルランドの歴史にも触れつつ、人の内面を繊細に描く作品です。
  • アンジェラの灰(Angela’s Ashes)』(1999年)
  • ダブリン上等!(Intermission)』(2003年)
  • 麦の穂をゆらす風(The Wind That Shakes the Barley)』(2006年)

アイルランド映画を観よう!

以上、アイルランドの映画作品をご紹介しました。

アイルランドはまだ少し日本人にとっては馴染みのない国だったりしますが、まずは映画からその歴史や文化に触れてみてはどうでしょうか?

アイルランド英語が気になるという人は、『once ダブリンの街角で』や『シング・ストリート 未来へのうた』『ザ・コミットメンツ』あたりを見ながら、アイルランドらしい英語を聞いてみるのもオススメです。

気がついたら、アイルランドに行きたくてしかたなくなるかも♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました