【アイルランド語が気になる人へ】ざっくりまとめるアイルランド語解説

アイルランド語の特徴 アイルランド

アイルランド語ってどんな言語なの?

アイルランドに興味を持つ人なら、一度は「アイルランド語(アイルランド・ゲール語)ってどんなことば?」と思ったことがあるかもしれません。

文法までの細かなところはわからなくても、ざっくりでいいから、なんとなくの特徴を知りたいという人に向けて、アイルランド語を学び始めた私が少しばかりまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

【基本のき】アイルランド語とは

アイルランド語とは

ではまずざっくりとアイルランド語の基本から・・

アイルランド語の分類

アイルランド語(アイルランド・ゲール語)は、ケルト語派の言語で、その中でもスコットランド・ゲール語、マン島語と同じグループになります。

ウェールズ語にもアイルランド語のものに似た単語もあったりするけど、言語グループは別。
アイルランド語話者とスコットランド・ゲール語話者ではなんとなく会話できたりするらしい!

ゲールタハト(Ghaeltacht/ Gaeltachtaí)

アイルランドでは多くの場所で英語が基本言語として使われますが、アイルランド語が基本言語となるゲールタハト(Ghaeltacht/ Gaeltachtaí)というコミュニティもあります。

アイルランド語圏を示すマップ↓↓(茶色の部分がゲールタハト)

ゲールタハトは、ドニゴールやメイヨー、ゴールウェイなど西側に多く存在し、Ulster Irish、Connacht Irish、Munster Irishと分類されるように、大きく分けて3つの方言があるそうです。

ざっくり見るアイルランド語の基本

  • アイルランド語はケルト語派言語
  • アイルランドにはアイルランド語を日常的に話す「ゲールタハト」というアイルランド語地域がある
  • アイルランド語には大きく3つの方言がある
ざっくりフレーズを見たくなった人はこちら↓↓

アイルランド語の特徴(ざっくりな文法解説)

細かい説明は抜きにして、ざっくりした文法の特徴解説はこちらから。

アルファベットは18文字

アルファベット

本来、アイルランド語には、J、K、Q、V、W、X、Y、Zがありません

本来としているのは、現在使われているアイルランド語では外来語の使用で、VやZの使用があるからです。(例:veidhlín = violin(バイオリン))

加えて、アイルランド語では á や ó のような、アクセント記号がついたような文字も使います。

語形変化

たぶんこれがアイルランド語を学ぶ上で難しさを上乗せするところ・・。

アイルランド語では、前後にある単語が母音か子音で始まる/終わるかなどのルールで単語の形が変わります

【例】「〜で」を意味する i が前に付くと後の単語が語形変化する

Gaillimh(=ゴールウェイ) → i nGaillimh(=ゴールウェイで )[Gの前にnがつく]

【例】

Cat(=猫)→ Do chat(=あなたの猫)[単語の中にhが付け加えられる]

この語形変化は人の名前にでさえも起こるのだからびっくりです!

【例】 Seánという人を呼ぶ時
※名前を呼ぶ時は「呼格こかく」である「a」をつけて呼ぶ

Seán(ショーン) → a Shin(ア ヒョーン)[ hi が付け足される!]

不定冠詞 a/an がない

不定冠詞

英語学習において、日本人が苦戦する a/an と the の使用ですが、アイルランド語では a/an にあたるものがありません

英語で「a dog」というのを日本語で「犬」と言うように、アイルランド語でも何も前後につけず、「madra」とします。

ただし、英語のtheにあたる定冠詞の使い方には一癖あり、アイルランド語では an と na の2つの形があります。

単数形の名詞があとに続く時は an を、複数形の名詞があとに続く時は na を使います。

名詞に性別がある

ヨーロッパの言語に多い通り、アイルランド語の名詞には男性名詞女性名詞があります。

男性名詞か女性名詞なのかで、語形変化の仕方も違います。

ざっくり見るアイルランド語の文法

  • アイルランド語では基本アルファベットは18文字
  • 語形変化がある
  • 定冠詞はあるが、不定冠詞がない
  • 定冠詞は単数形か複数形かで使い分ける
  • 名詞に性別がある(男性名詞・女性名詞)
スポンサーリンク

アイルランド語で読み解く意味と歴史

アイルランド人の名前に隠された意味

アイルランド語の姓は以下のような形で表現されました。

  • Ó = 〜の子孫
  • Mac = 〜の息子
  •  = 〜の子孫の娘
  • Nic = 〜の息子の娘

今も名残りでMcDonaldさんやO’Brianさんがいますね。

アイルランドの消えた地方

アイルランド島(アイルランド共和国+北アイルランド)は4つの地方に分けられており、アイルランド語ではそれらを「cúigí」を使って表します。(例えばレンスターと呼ばれる地方なら、「Cúige Laighean」)

「地方」と訳されるCúigeの本来の意味は「5分の1」。

これは、昔々、アイルランドが5つの地方に分かれていたことを意味します。

現在は、アルスター、レンスター、コノート、マンスターと分かれるアイルランドですが、昔は「ミース(province of Meath/Cúige na Mí)」があったのだそうです。

ミースはかつてアイルランド各地の王よりさらに高い地位につく上王がいた場所でした。

アイルランドの地名についてはこちらも↓↓

アイルランド語の魅力

アイルランド語の魅力

アイルランド語に興味を持ち出すと、歴史や地理などの話が出てくるので、ハマると奥深くまで引っ張られます 笑

言語にはその土地の概念や思想が出ていたりするので、そこもまた興味深い点ですね。

アイルランド語に強く興味が湧いた今、いつかゲールタハト圏内のパブで、聞こえてくるアイルランド語での話し声を楽しみながらギネス片手に過ごしてみたいと思ってしまうのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました