アイルランド音楽の定番!押さえておきたいパブ曲リスト

アイルランドのパブ曲 アイルランド

アイルランド音楽と言えば、フィドル(ヴァイオリン)やティンホイッスル(笛)、アコーディオンギターバウロン(アイルランドのフレームドラム)といった、アイルランドの伝統楽器なども用いて演奏される、歌のない音楽を想像される方も多いと思います。

ケルト音楽」っていうイメージは強いですよね!

実際にアイルランドのパブを訪れてみると、確かにそうした伝統的な曲を楽しむこともできますが、ライブセッションでは「アイリッシュ・フォーク」なども多く聴くことができます。

私もアイルランドワーホリ中には、常にアイルランドの曲がかかっているお土産屋さんで働いたり、ウクレレ教室でアイルランドの曲を演奏したりしたおかげで、だいぶいろんな曲を知りました。

音楽では全然素人な私ですが、現地で実際に曲を聞き回った経験を元に、ここでは、アイルランドでのパブデビュー(またはパブリピート)に備えて、押さえておきたいアイリッシュ・フォークをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

覚えておきたい!アイルランドのパブソング

1. Molly Malone

ダブリンの「非」公式ソングで、「Cockles and Mussels」という曲名でも親しまれる曲です。

歌の内容はフィクションであるとされてきましたが、のちにモリー・マローンは実在したとされ、昼は魚売り、夜は売春婦だった(・・だから「非」公式ソング?)ともされています。ただ、実在の人物だった確証はないようです。

パブでの遭遇率も高い曲だと思うので、是非歌詞を覚えて一緒に歌いたいですね♪

In Dublin’s fair city
Where the girls are so pretty
I first set my eyes on sweet Molly Malone
As she wheeled her wheelbarrow
Through the streets broad and narrow
Crying “Cockles and mussels, alive, alive, oh”
Alive, alive, oh
Alive, alive, oh
Crying “Cockles and mussels, alive, alive, oh”

https://www.lyricfind.com/

この歌を元にして、ダブリンにはモリー・マローン像もあります。

モリー・マローン像

元々はグラフトン・ストリート(Grafton Street)にありましたが、今は、観光オフィス近くのサフォーク・ストリート(Suffolk Street)に移されています。

像があるのはこココ↓↓

彼女の胸に触ると幸せになると言われているせいで、彼女の胸はピカピカです!

2. Galway Girl

知ってる人は、一瞬、「え?エド・シーランの『Galway Girl』?」と思うかもしれませんが、いえいえ、こっちも知っていて欲しい!

アイルランドの国民的アコーディオン奏者のシャロン・シャノンマンディによる2008年リリースの曲です。

デイ アイ エイ アイ エー(day-I-ay-I-ay)」のフレーズだけでも覚えて歌いたい!

これも盛り上がる曲の1つです!

3. Whiskey in the Jar

「リンダマ ドゥーダマダー」という呪文のような歌い回しが耳に心地よい 笑

ウィスキーのスペルはアメリカと同じく“e”を入れて書きます。(カナダ、スコットランドはwhiskyとスペルします。)

Mush-a ring dumb-a do dum-a da
Whack fall the daddy-o
Whack fall the daddy-o
There’s whiskey in the jar

https://www.lyricfind.com/

当時働いていたお土産屋さんでは、みんなの疲れがピークに達すると、なぜかこのサビの部分を合唱するという現象が度々起きてました・・笑

この曲が一番耳に残りやすかったらしく、
仕事が終わって家に帰っても鼻歌うたってましたね 笑

4. I’ll Tell Me ma

Belle of Belfast City』というタイトルで覚えていましたが、この曲もタイトルが様々あるよう・・。

ダブリンNo.1の観光パブ、The Temple Bar(テンプル・バー)でこの曲の生演奏に遭遇して、楽しく聞いたのを思い出します。

She is handsome, she is pretty
She is the belle of Belfast city
She is a-courting one two three
Pray, would you tell me who is she

https://www.lyricfind.com/

5. Dirty Old Town

ウクレレ教室で出会ったのがこの曲。

ふとダブリンの景色を眺めていると、この曲がBGMで流れてきそうな気がしたりもします。

I met my love by the gas works wall
Dreamed a dream by the old canal
I kissed my girl my the factory wall
Dirty old town
Dirty old town

https://www.lyricfind.com/

シンプルなのに、とても哀愁を誘う曲です。

パブでも歌える機会があると思いますよ!

アイルランドで歌ってみる?

本当はまだまだ紹介したい歌がたくさんあるのですが、今回は5つをご紹介。

紹介動画でも何度か登場していますが、アイルランドのフォークグループといえば、The Dublinersが代表的です。

もっといろいろ聞いてみたくなった方は、まずはそちらのグループからチェックしてみるといいかもしれません。

曲を知ってからパブに入ると、生演奏の楽しみが広がりますよ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました