“にわか”でも!ラグビー シックス・ネイションズ3ステップ解説

シックス・ネイションズ アイルランド

ここでは、シックス・ネイションズのことを大雑把に、でも要点を絞ってまとめていきます!

  • シックス・ネイションズって何?
  • ラグビーのルールって何?

という人向けのまとめです。

ステップ1:シックス・ネイションズって?

ラグビー

シックス・ネイションズ(Guinness Six Nations)とは、ビールメーカーのギネスがスポンサーを務める、ラグビー欧州6カ国対抗戦のことです。

イングランドスコットランドウェールズアイルランドフランスイタリアの6ヶ国が参加する、130年以上の歴史あるラグビー大会です。

(*フランスが参加するようになったのは1910年から、イタリアが参加するようになったのは2000年からのこと)

毎年2月初旬から3月中旬にかけて、イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドで試合が行われます。

ステップ2:ラグビーのルール -基本の4つ

試合を楽しむためにはやっぱりラグビーのルールがわかっていないといけません。

細かいルール解説はめんどくさいという人のために、ここでは本当にざっくり基本的なルールのみを紹介します!

1. 試合時間

試合は、

  • 前半40分
  • 休憩時間(=ハーフタイム)15分以内 [時間は主催者側が決められる]
  • 後半40分

で構成されます。

試合終了は「ノーサイド」と言い、「試合が終わったら敵味方なしよ」という意味になっています。

(ただし、現在英語ではこの表現は使わず、「Full Time」と言います!)

2. 得点の仕方

ラグビーゴール
ラグビーのゴールはH型です
トライ
(相手のゴールラインを越えてタッチする)
5点
コンバージョンゴール
(トライ後のあと、キックしてH型のゴールにボールを入れ込む)
2点
ペナルティーゴール
(相手のペナルティーによって与えられるチャンスから、ゴールに入れたらもらえる得点)
3点

トライコンバージョンゴールのチャンスはセットになっているので、両方決めれば一気に7点が入るということです。

ひとまずこの3タイプの得点法をおさえておければゲームの流れは理解できます!

3. 反則

反則にも色々あるのですが、まずは3つだけ押さえます!

反則1:ノックオン

ボールを前に落とす」こと。

滑ったり、手に当たって前に落ちたのもノックオンです。

反則2:スローフォワード

ラグビーではパスは後方にしか出せません。(真横にパスはOKです。)

前方にパスした」ものはスローフォワードで反則になります。

反則3:ノットリリースザボール

タックルで倒された時、抱えていたボールは離さなくてはいけません。

タックル後すぐにボールを離さない」とノットリリースザボールとなります。

ちなみにこれらのペナルティー名は英語っぽく聞こえますが、完璧な和製英語もあるらしいです・・。

4. スクラム

ラグビースクラム

ノックオンやスローフォワードなどの軽い反則の時などに、ゲーム再開のために組まれるのがスクラムです。

スクラムの中で押し合ったり、足を使ったりしてボールを奪い合います。


しっかりルールをわかりたい人にはKishiboyの本もオススメ!

視覚的にわかりやすく、文字の感じもかわいいです。(Amazonなら試し読みもできます!)

ステップ3:シックス・ネイションズのこと

ラグビーのルールを押さえたところで、ここからはもう少しシックス・ネイションズを詳しく見ていきます。

グランドスラム

全勝優勝のことを「グランドスラム」と言います。

つい最近の結果を追うと、2018年はアイルランドがグランドスラムを決め、2019年にはウェールズが7年ぶりのグランドスラムを決めています。

トリプルクラウン

ホーム・ネイションズと言われるイングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズで全勝することを「トリプルクラウン」と言います。

過去の優勝記録

過去10年の優勝国も見てみましょう。

2011年 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿イングランド
2012年 🏴󠁧󠁢󠁷󠁬󠁳󠁿ウェールズ
2013年 🏴󠁧󠁢󠁷󠁬󠁳󠁿ウェールズ
2014年 ☘アイルランド
2015年 ☘アイルランド

2016年 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿イングランド
2017年 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿イングランド
2018年 ☘アイルランド
2019年 🏴󠁧󠁢󠁷󠁬󠁳󠁿ウェールズ
2020年 ??

イングランド、ウェールズ、アイルランドのローテーションになってますね。。

アイルランドでシックス・ネイション?

シックス・ネイションズを日本で観るには、WOWOWやJ SPORTSなどの有料放送を利用しないといけません。

もし、2月〜3月にかけてアイルランドに行くような人は、スタジアムまで観戦に行かないにしても、パブで美味しいビールを飲みながらの試合観戦をしてみてはいかがでしょうか?

ラグビー愛溢れるアイルランド人の熱気を感じられること間違いなしですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました