バーツが余った!タイバーツから日本円へ両替するための豆知識

THB→JPY たび

タイの旅行情報で、日本円をバーツにするための情報はたくさん出てくるけど、バーツを日本円に変える場合の情報が少ない?

バーツが思った以上に手元に残ってしまいバーツ→日本円での両替をすることになったので、今回はその時の体験を元に情報をまとめてみます。

  • 一体どこで両替するのがいいのか。
  • 両替するためにどんなことを知っていたらいいのか。

ここではそんなことをまとめています!

スポンサーリンク

バーツ→円に両替できる場所

両替所

バーツを日本円に戻したい時、できる場所は以下の通りです。

  • 街の両替所
  • 銀行
  • 空港の両替所

タイと日本、それぞれで上記の場所での換金ができますが、お得に両替するならタイですること!

中でも街の両替所で換金をするのが一番お得になるようです。

レートの見方

両替所に行けば必ずあるレート表。

バーツから円に両替をする時にチェックすべきは「selling」の欄です。

円をこのレートで売りますよって、言っている訳なのですが、実は私も最初は全然意味がわからずでして、そのレートを確認してもなお、「で、両替したらいくらになるの?」って思ってました・・笑

そこで、少しばかり解説です。

例えば、0.2824 というレートが日本円のsellingの欄に表示されていたとします。

この時、1円を買うために、0.2824バーツ必要という意味になるのですが、小数点があるとわかりづらいので、どっちも10,000倍してみます。

・・すると!

10,000円 = 2,824バーツ

ということになります。

両替屋さんは、2,824バーツくれるなら1万円あげるよって言っているってことですね。

バーツ→円両替時の3つのチェックポイント

両替するにあたっていくつか注意しておくべきポイントがあります。

1. 硬貨は両替できない(硬貨が戻ってくるのはあり)

硬貨

sellingレート 0.2824 を例にした時、手元にぴったり2,824バーツあったら、そのまま1万円に換金して終了ですが、そんなうまいことぴったりの額を持ち合わせているなんてないですよね。

万一、ぴったりの額を持ち合わせていたとしても・・

両替所では硬貨は引き取ってくれません!!

タイのお札は、1,000バーツ、500バーツ、100バーツ、 50バーツ、20バーツの5種類。

仮に2,824バーツで1万円に両替できるとしても、5バーツ硬貨を渡しても受け取ってもらえないので、上の5種のお札の組み合わせで払うしかありません。

だから、例えば、2,840バーツをお札で支払って、1万円札と16バーツのお釣りをもらうというような感じになるのです。

2. 最小単位は1万円?(千円札ある?)

その上!

両替所によっては1万円札しか用意のないところもあります。

sellingレートが 0.2824 だったとするなら、1,000円 = 282バーツとなり、282バーツあれば千円に両替できる計算になります。

でも、両替所に千円札の用意がなければ、千円にすることはできないので、手元に結局282バーツ残ることになってしまいます。

ギリギリまで両替しておきたいなら、千円札の用意もある両替所に行かないといけないということです。

3. パスポート提示必須

両替の際にはパスポートの提示が必要です。

せっかくレートがいいところを見つけても、パスポートがないと両替できないので、忘れずに持っていきましょうね!

バンコクのショッピングモールの両替所でもお得?!

バンコクはショッピングモール天国ですが、その中の両替所のレートも決して悪くありません。

1万円からの両替しか扱いのないところも多いですが、サイアム・パラゴンの1Fに入っているP&P Jewelryはたくさんネットでも情報が出ているように、レートも良く、私が利用した時には千円札の用意もありました。

P&P Jewelry Facebookページでレートがチェックできます!:
https://www.facebook.com/PPmoneyexchange/

バーツをムダなく使うために

タイは物価が思った以上に安く、最初の換金額・キャッシング額を見誤ると結構残金が残ったりします。(←これは完璧に私の例です 笑)

またタイに行く予定があるなら、次の時の「空港→市内」のタクシー代ぐらいは残しておいてもいいかもしれませんが、全額を日本円に戻せるかというと、レートの都合上、そういうわけにもいかないこともあります。

できるだけ損をしたくないなら、やはり最初の引き出し額は少なめにしておくのが無難かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました