アイルランドワーホリで辛かった3つのこととそこから学んだ1つのこと

辛かったこと学んだこと アイルランド

いつになっても、どこにいても、私は・・

アイルランドが好きだー!!!

と声を大にして言いたいわけなのですが、それは辛かったことも全部ひっくるめての話。

・・白状すると、アイルランドへのワーホリを決めた時、

ワーホリももはや3度目になるし、英語力もまぁまぁあるし、アイルランドではきっとなんの問題もなくトントンで行くだろう

なんて思ってました。

ですが、最初の2、3ヶ月ぐらいはかなり苦戦していたのです。

アイルランドワーホリで辛かった3つのこと

アイルランドに限らず、ワーホリでは最初の基盤づくりが大変だったりします。

1. 家探しが大変!

house

ワーホリ出発前からネットの噂でこの辺はなんとなく予期していたのですが、やっぱり家探しは少し苦戦しました。

私の場合、運よくアイルランド到着後3日目にして家を見つけることができたのですが、見つかったのは契約期間2ヶ月の「短期の家」。

引っ越しをしたその日からまた新たな家探しをするような状況でした。

学校にも行かず、仕事もなかった私の家探しは大苦戦です。

問い合わせメールはほぼほぼスルーされるし、電話が来たと思えば、無職を理由に内見さえさせてもらえなかったり。(ここは、嘘でもお金があると言っていればよかったと今ならわかる!)

ところが、運がよかったのは、「短期の家」のオーナーさんが実はもう1軒家を持っていて、なんとそこに住まわせてもらえることになったこと。

そうしてなんとかホームレスの道は逃れたのですが、その後も立地などよりいい条件を求め家探しは続行。

1年のワーホリ期間中、断続的にではありつつ家探しを続けましたが、内見すら行けないところも多く、結局最後までその2件目のお家に住み続けることになりました。

実際、現地で出会った留学生たちとも、「家探しが大変」というのはよく話のネタになってました。

幸い住む場所は見つかっていたので、文句なんていうべきではないのですが、またもう一度アイルランドに住むとなったら、一番の心配要因は家探しだろうなと思ったりします。

2. 仕事探しで苦戦

classified

渡航を決めた時から、できる限り1年以上アイルランドにいられるようにしたいと考えていたので、かなり的を絞っての仕事探しをしていたのも大きな原因かと思いますが、仕事探しも大変でした。

応募をするも全く返事のない時期が続き、いざ面接に行っても英語版お祈りメールやサイレントお祈りをくらうばかりでした。

1ヶ月、2ヶ月と無職の時期は続き、日本に帰るべきなのか本気で悩むこともありました。

周りと比べても仕方ないのに、友達が仕事を見つけたりするとやっぱり焦ったりもしますよね・・。

最終的に仕事は見つかり、なんだったら2つもお仕事が見つかったのですが、職種がなんであれ、アイルランドでの仕事探しでは、履歴書を何百枚単位で配り歩くくらいの根性が大事だなぁと思いました。

日本のように求人があるから応募するのではなく、自分から仕事口を探しに行かなければなりません!

また、現地で聞いた話では、最低賃金(2019年現在 €9.8)以下で働いているなんて人もちらほらいるらしい。

英語力に自信がなく、仕事探しに苦戦するということもあるかもしれませんが、そうした酷い雇用文化に屈しない強さも大事かもとも思います。

3. 孤独感

loneliness

これはもはや定番というか、避けて通れないところなのではないでしょうか。

長期で海外で暮らすとなるとなんとも言えぬ「孤独」を感じることもあります。

せっかく現地でできた友達も、ある時、帰国してしまうなんてこともしばしば。

分かり合えると思う友達とでも、ぼんやりとなんとも言えないズレを感じることだってあったりします。(文化の違いを受け入れているからこその違和感というのか、馴染みきれていない自分にふと気づいてみたり。。)

日本にいてもうっすら感じることのある孤独感は、海外だとなおさら強く感じられることもあったりします。

特に、アイルランドに着いてすぐの頃は、友達もまだ少ない上、家のこと、仕事のことなどあり、不安や心配も多くなるので当然です。

「孤独感」については、どこにいたってうまい付き合い方を学ぶ必要がありますね。

アイルランドワーホリ中に学んだ大事なこと

これらの辛い経験をしてもなお、私は「アイルランドが好きだ!」と言います。

それは、その辛かったことの先に、ステキな出会いや、アイルランドでじゃなきゃできなかった体験がたくさん待っていたから。

・・というか、まさに辛い経験の中にいる時でさえ、私の周りには支えになってくれるような人たちもたくさんいて、アイルランドだからできる経験をしていたから!

私はこれを書いて、アイルランドワーホリは辛いということを言いたいんじゃないのです。

海外に住むっていうと、キラキラの楽しい世界が強調されがちですが、辛い時期もあって当然です。

一番大事なのは、辛い面と楽しい面どっちに目を向けるかってこと。

辛いこと探しを始めればどんどん嫌な部分が見つかるけど、その分楽しいこともたくさんあるはずです。

辛さと楽しさってどこか表裏一体なところもあり、問題はその辛い部分をどれだけ受け入れるかなんだとも思います。

私の好きな本の一つ、パウロ・コエーリョのアルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)で、宝を探しに行くための資金を全部盗まれてしまった少年が考えるシーンがあります。

彼は自分のことをどろぼうに会ったあわれな犠牲者と考えるか、宝物を探し求める冒険家と考えるか、そのどちらかを選ばなくてはならないことに気がついた。

「僕は宝物を探している冒険家なんだ」と彼は自分に言った。

自分が何に向かっていたのかを考えるために、意外と孤独の時間が役に立ったりもします。

辛い時こそ、その辛さを引き受けてまで得たかったものは何だったかを見つめるべきでした。

必死こいて家の情報を探すという経験、家のオーナーに見てもらえるようメールの文をガツガツ作り込むという経験、失敗ばかりでも海外でスーツを着て本気で面接に挑むという経験、英語版のお祈りメールをもらうという経験。

「チャレンジしてみたい」からとアイルランドに行って、チャレンジし続けて、日本にいたら絶対にできない経験をしていた。

私はもう、アイルランドでじゃなきゃできないことを、たくさんしているところだったのです。

そうなった時、頑張っている自分を褒めてあげられるような気もしたし、周りにたくさん応援してくれている人たちがいるのもわかって、なんだか気持ちが楽になりました。

辛い時こそ「今あるもの」をうっかり忘れてしまいそうになるけど、そういう時にこそ「今あるもの」「できていること」にも目を向けるのが大事なんだと、そんなことをアイルランドで再確認することができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました