本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【渡航前手続き】住民票を抜く?海外転出届

海外転出届 アイルランド留学・ワーホリ

留学準備で気にしておくべき手続きの一つに、役所で行う海外転出届(国外転出届)というものがあります。

これはいわゆる「住民票を抜く」という手続きです。

ここでは、その海外転出届をすることでどんな処理が行われるのかと、届出をする際のポイントをまとめます。

スポンサーリンク

前提:海外転出届とは?

海外への移住を含め、1年以上日本国外に出張、駐在、留学をする場合、住んでいる市区町村の役所に転出届(国外転出届・海外転出届)の届出が必要とされています。

海外転出届は、渡航前14日前から届出が可能です。

海外転出届のメリット

海外転出届により、住民票の除票(=住民票を抜く)をしてもらい、国民年金や国民保険、住民税の支払いの義務を取り去ることができます。

海外渡航期間の税金の支払いの必要がなくなるため、その分資金を留学費用や現地での資金に回せることになります。

アイルランドへの渡航で住民票は抜くべき?

GPO

アイルランドの学生ビザに関するまとめ記事にも書いたように、アイルランドへの語学留学では、ビザの期間は最大8ヶ月となります。

\学生ビザのまとめ記事/

海外転出届は、1年以上の渡航予定の人が届出対象となるので、基本的にアイルランドへ観光ビザまたは学生ビザで語学留学を目的に渡航する場合は、海外転出届の提出は必要はないということになります。

ただし、学生ビザでの語学留学の場合、最大2年まで延長が可能で、滞在延長も意図して渡航をする場合は、海外転出届を出すべきということになります。

高等教育機関(大学や大学院など)への進学で学生ビザでのアイルランド滞在をする予定の人、ワーキングホリデーでの1年の滞在を予定する人は、海外転出届の届出が必要です。

※ちなみに、海外転出届を出した人が、なんらかの理由で渡航後1年が経つ前に帰国となった場合、特に罰則はあるわけではありません。帰国したら速やかに転入届を出しましょう。

また、海外転出届を出しても出さなくても、現地に到着したら、オンライン在留届を提出しましょう。

外務省 オンライン在留届:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

届出時の注意点

注意点

転出届の届出には、身分証明書マイナンバーカードが必要です。

届出のタイミングでマイナンバーカードは無効化されるため、渡航前ギリギリに銀行口座の開設を検討されている場合は、届出前の手続きを忘れずに。

役所によってはワーホリは「旅行」?

役所によっては、ワーホリを「旅行」とみなし、日本に住所があるべきものとして、転出届を受理してくれない場合もあります。

この場合は、住民票の除票もできず、税金の免除が受けられないようです。手続き前に役所のホームページなどでも確認をしておきましょう。

届出前に歯科治療療も済ませておく

長期で海外に行く場合、留学やワーホリ、駐在の場合、海外旅行保険の加入をすることになりますが、基本的なプランでは歯科治療のカバーがないものがほとんどです。

日本で保険に加入している間に、治療も済ませておくのが吉です。

海外滞在中の国民年金

海外転出届を出すと、住民票は除票され、年金払いの義務がなくなりますが、納めていない分については、そのまま0でカウントされ、将来の受給額も減ることになります。
(転出届を出してからの期間は「カラ期間」とされ、受給資格期間に含まれますが、年金額には反映されないことになります。)

将来の受給額が減るのが不安という人は、任意加入の形で、海外にいる間も年金を払い続けることも可能です。

たびわ
たびわ

ちなみに、大学を卒業してすぐニュージーランドにワーキングホリデーしに行った時は、海外転出届は出さず、年金の免除申請をしました。
海外転出届を出さない場合、年金については、免除申請という方法もあります。

アイルランドにワーホリに行く際、転出届の新住所欄に役所の人に言われた通り、「アイルランド」とだけ書いて届出をしたのですが、帰国時、年金処理の関係で「戸籍の附票」という書類を取り寄せた時、アイルランドではなく「アイランド」に行ったことにされていたことが判明しました・・。

結果、役所にパスポートも確認してもらいデータを修正してもらったのですが、上書き修正はできないらしく、今も記録には二重線で消されたアイスランドが残っています 笑

役所の書類でも混乱が起こるとは・・。こんなことは本当のレアケースであればいいなと思いますが、やっぱりアイルランドとアイスランドは混同されがちですね。

だからこんな記事も書いてます!笑

帰国時の手続き

帰国時は、逆に転入届の提出が必要です。

パスポートで渡航履歴を確認してもらい、マイナンバーカードを復活してもらうことになります。

実際に行う手続きはそれほど複雑ではありませんが、役所により細かな点が違っていたり、人それぞれ、年金や保険の加入状況により取り扱いも違ってくることもあるかもしれません。

手続きにあたっては役所に行って確認しながら進めるようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました