【アイルランド英語】基本の8つの単語帳

アイルランド英語8選 アイルランド

これまでも、アイルランドの英語って?発音?訛りは?まずはコレ!アイルランドで使える英語の中でアイルランド英語を紹介してきましたが、ここでは、これからアイルランドに行く人が押さえておきたい基本のフレーズ8つをまとめています。

1. grand

grand

アイルランドで使われる単語No.1はこのgrand(=fine, OK)に違いない!

大丈夫」や「いい」の意味で使われる単語です。

☞ How are you?(元気?)
 → I’m grand! (元気です)

☞Would you like a cup of tea?(お茶飲む?)
 → Ah, no, I’m grand, thanks.(いいえ、大丈夫です)

2. Sláinte

sláinte

英語というか実はアイルランド語(アイリッシュ・ゲール語)。

Sláinteは「健康」を意味する単語ですが、「スロンチャ」と発音され、「乾杯」の意味になります。

3. Thanks a million!

thanks-a-million

Thanks a million!は「100万回のありがとう」の意味になりますが、大げさじゃなく日常的に使える感謝のことばです。

英語圏ならどこでも通じるけど、こんなに日常的に使うのはアイルランドだけ!

4. no bother

no-bother

no botherで「心配ない」「どういたしまして」になる。

アメリカ・カナダでよく聞く、no worriesのアイルランド版。

お節介焼きで親切なアイルランド人がよく使うお気に入り言葉の一つ。

5. What’s the craic?

whats-the-craic

craicは「クラック /kræk/」と発音し、「楽しい話」「おもしろいこと」の意味になります。

だから、What’s the craic?で「おもしろい話は何?」となり、転じて「調子どう?」「元気?」という意味になる。

印象的にはくだけた感じで使ってるように思います。

6. deadly

deadly

本来は「致命的な」の意味で使われるdeadlyは、アイルランドではポジティブに使われ、excellent(=素晴らしい)と似たように使われます。

☞ 5 deadly places to grab lunch(ランチに最高な5つのスポット)

話言葉ではなく、書き言葉のようで、雑誌やネット記事などでよく見かけます。

7. fair play

fair-play

fair playを普通に訳したら、「正々堂々とした闘い」とか、単純に「フェアプレー」となりますが、アイルランドでの意味はwell done(=よくやった!)

Fair play to ya でもっとアイリッシュな響きになる。

8. What’s the story?

whats-the-story

How are you?の挨拶がわりにも使えるけど、「どういうこと?」と聞く時にも使えるのがこのフレーズ。

What’s happening?(何が起こったの?)とかWhy?(なぜ?)でなく、What’s the story?で聞かれるとかなりアイルランドらしい!

アイルランド英語はクセになる

初めてアイルランドの英語表現に触れると、「なんだこれ」が多くてびっくりすることもあるかもしれませんが、その独特の表現こそがアイルランド英語の魅力♪

馴染みのなかった単語たちがなんだか慣れ親しんだ表現になり、気がついたら自分でも使えるようになるとうれしいものです。

まずは基本の8つを覚えて、あなたもアイルランド英語デビューしちゃいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました