アイルランドに行く前に知っておきたい7つのこと

アイルランドに行く前に知っておきたい7つのこと アイルランド

シャムロック、ウィスキー、スポーツなどなど、知ってそうで結構みんなが知らないアイルランドのこと。

実際にアイルランドに行った私がまとめてみました。

アイルランドに行く前に、次の7つは押さえちゃいましょう♪

スポンサーリンク

1. クローバーはシャムロック

shamrock

アイルランドと言えば、三つ葉のクローバー

もちろん、「クローバー」と言っても間違いではないのですが、アイルランドでは「シャムロック」と言います。

「シャムロック」はアイルランド政府が商標登録しているくらい大事な言葉です。

アイルランドにキリスト教を伝えた聖パトリックが、「シャムロックの葉は『三位一体』を表している」と説いて布教したこともあり、アイルランドではシャムロックはとっても重要なのです。

2. 旗のカラー並び

irish-flag

アイルランドの旗は、オレンジの3色ですが、並びも重要です!

なぜなら、逆さにして、左からオレンジになるとコートジボワールの旗になってしまうから!!

あとは、赤に近いオレンジにするとイタリアと間違えられるから注意したいところですね・・。

3. ウィスキーは命の水

「ウィスキー」はアイルランド語(アイルランド・ゲール語)のUisce Beatha(ウィスク・ベーハー)=命の水が音変して「ウィスキー」となったと言われています。

ウィスクベーハー・・ウィスク・・ウィスク・・・ウィスキー!

uisce-beatha-命の水

ちなみにですが、“Whiskey”とeを入れて綴るのはアイルランドとアメリカeのない”Whisky”はスコットランドやカナダです。

“e”が入るかどうかで、どこのウィスキーかがわかる仕組みになっています。

日本のウィスキーはスコッチをお手本にしてるから、eなしでWhiskyと綴ることが多いんだそうです。

アイルランドへのフライトを比較検索してみる!/

4. 手を使うサッカー

アイルランドの国技と言えば、ゲーリック・フットボール

ラグビーにサッカーを組み合わせたようなスポーツで、ボールを手に持ったまま4歩まで進むことができ、ボールをバウンドさせるとさらに4歩進めるというのがサッカーとの大きな違い。

ラグビーのようなタックルはなく、ゴールの形がサッカーのゴールとラグビーのゴールをくっつけたような特徴的な形をしています。

毎年、全アイルランドシニアフットボール選手権(All-Ireland Senior Football Championship)という大会にアイルランド国民が熱狂します。

パブでも試合がよく流れているので、ビールを飲みながら観てみるのもいいかも。

5. 無形文化遺産のスポーツ・ハーリング

ハーリング(Hurling)はケルトの時代からあるスポーツらしく、木のスティックでボールを打ち合い、ゴールに入れて得点していく球技です。

2018年には無形文化財となりました。

ゲーリックフットボール同様、アイルランドでは国民から深く愛されているスポーツです。

6. アイルランドの消費税

EU圏では日本の消費税にあたるVAT(付加価値税)がありますが、アイルランドのVAT税率は23%(2020年現在)!

軽減税率適用で、外食、宿泊、電気代などは13.5%、食品や書籍は4.8%、子供服や基礎食品は0%になります。

税率の確認やそれぞれの適用項目を見るなら・・
アイルランド税務署サイト(英語)https://www.revenue.ie/en/vat/vat-rates/search-vat-rates/current-vat-rates.aspx

2020年現在、EU加盟国27カ国の中では、税率の高さではアイルランドは割と上位の方にランクづけされる国になります。(参考:https://taxfoundation.org/european-union-value-added-tax-2020/

7. ソーダブレットと妖精

アイルランドの定番・ソーダブレッド

普通、パンを焼く時はイーストの力を借りてパンを膨らますのですが、ソーダブレッドに使われるのは「ソーダ(baking soda)」と名のつく通り重曹です。

ふわふわと言うより、ずっしりしっとりとしたパンになります。

(イメージはスコーンを少し重くしたような感じ。)

soda-bread

そのソーダブレッドを焼く時、表面に十字の切れ目を入れるとされているのですが、これは悪魔を避けるためのおまじないだったり、中に入り込んだ妖精を追い出すためとも言われています。

・・実際は、パンがよく膨らむよう空気の流れをよくするという理由もあるらしいのですが、妖精が入り込むなんてアイルランドらしい。

アイルランドは妖精の国とも言われ、アイルランド南部には「Leprechaun Crosshing」つまり、『レプラコーン(=妖精)横断』と書かれた看板もあるんです。

アイルランドの7つのこと

以上、アイルランドの7つのことでした。

実は、これら、アイルランドにいた頃に知ったものより、日本に戻ってきてから知ったことの方が多いという・・。

アイルランドについてはまだまだたくさんおもしろいことがある予感です!

アイルランドへのフライトを比較検索してみる!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました